ブログの"技"

【2021年最新】NFTをざっくり簡潔に解説

Twitter等、SNSを中心にネットの情報に強い方々は頻りに話題にする様になった"NFT"。

2021年はNFT元年と言われ、市場が活発に動いています。
今後、NFT市場は爆発的に拡大すると見られその注目が集まっています。
そこで今回は"NFTとは何なのか?"時代に乗り遅れないためにもざっくり簡潔に解説したいと思います。

【結論】NFTとは簡潔に

NFTは "Non" "Fungible" "Token" の略であり、『非代替性トークン』の事を指します。

非代替性とは『代わりが他にない』という意味であり、トークンとは本来は証拠、記念品という意味ですがネットの世界で言うトークンは引換券と思って良いと思います。

NFTはコピーが簡単に出来てSNS等でいとも簡単に拡散されてしまう時代のデジタルデータに【この世でたったひとつのもの】として希少性を付ける。

希少性を持たせたデジタルデータが2次流通(転売)された際、作成したクリエイターが収益を得られる様に情報を持たせる事で資産としての価値を持たせた。

デジタル上で著作権を持った "モノ" という事になります。

NFTの3つの特徴

NFTの特徴は簡潔に3つで解説出来ます。

代わりが無い

デジタルデータで世界でたった一つ "一点物"として証明。

取引が出来る

NFT所有者は自分が持っているNFTを売ったりする事ができる

プログラマビリティー

著作権のニュアンスが一番近く、所有していつNFTであるデジタルデータがSNSや様々なメディアで使用された場合、一定の収益になる。

特許の様にデジタルデータに収益になる様にプログラムする事ができる。

NFT POINT1 代わりが効かない『一点物』なこと

私は"絵画"が好きなのですが、NFTを説明するのに "お金" と "絵画" が説明しやすいと思います。

私が持っている1万円はアナタが持っている1万円と同じ価値です。

しかし "絵画" はどうですか?

私が好きな "DOLK" の描いた絵は世界にひとつしかありません。

1万円は皆が同じ1万円ですが "DOLK" の絵画は代わりがありません。

NFTとは代わりが効かない証拠品でありNFT=一点物という事です。

NFT POINT2 取引可能な信用が担保されたモノ

NFTは "ブロックチェーン" という技術で守られています。

この技術は『分散型台帳』とも呼ばれており、同じデータを複数の箇所に分散し管理を行います。

ブロックチェーンは分散されて管理されている為、全てのデータを改ざんする事は現在、不可能とされています。

ブロックチェーンと聞いてビットコインが浮かんだのではないでしょうか?

Bitcoinを記録するための技術でBitcoinの開発の過程で生まれました。

その為、安全性が高く、金融取引の記録や文書管理に使われています。

そんな技術でNFTは守られています。

それでどう取引されるのか?

DOLKの絵画の話の続きで話を戻します。

DOLKの絵画は人気が高く、私は価値が最高値になった時に転売しようと考えています。

しかし買う方は「このDOLKの絵は本物なのか?」という単純な疑問が生まれます。

そこでDOLKの絵には彼のサインと買った時の鑑定書が付いて本物である事を証明されています。

ですので安心して私と書い手は売買する事が出来るのです。

デジタルアートはどうなのか?

今年の夏、小学3年生が夏休みの自由研究に300万円の価値がついたニュースが話題になりました。

iPadで書いたピクセルアートが有名なDJさんが買ってくれた事で大きな収益になったとか。

この場合は私が好きなDOLKの絵画とは違い鑑定書がついている訳ではありません。

現品が手元にある物質的なものでないので勝手に使用する事だって可能だったと思います。

そう今までは。

この小学生の男の子とお母さんはNFT化を行い「誰が作ったか」を明確にすることによって『たったひとつのもの』として希少性のある資産としたのです。

このようにNFTはデジタル資産となり、様々な取引が可能になりました。

そうして各著名人も自身の『価値』をNFT化を行い希少性を出す事により投資の対象として時の物になりました。

実際にTwitter創業者である ジャック・ドーシー氏の最初に投稿したとされるTweetはNFT化されオークションで何と3.1億円で取引されました。

今後も様々なクリエイターのデジタル作品がNFT化され高値で取引される未来が来るのは間違いなさそうです。

今はSNSの進化も巡るましく、上記で紹介した小学生の様に作った作品が著名人の目に止まった場合、アナタもその一人となり得る時代となっているのです。

NFT POINT3 データに様々なシステムをプログラム出来る

私が魅力的に感じる特徴がPOINT3で紹介するシステムのプログラムにあります。

私がデジタル絵画を作ってNFT化を行い価値を担保しTwitterでバズらせその希少性がSNSで拡散されたとします。

そのデジタル絵画は世界中の人が欲しがりオークションで高値がついて私に莫大な収益が入ります。

本当ならここで終わりですがNFTはシステムをプログラムする事が出来きます。

私が先んじて『オークションで転売される度に売却益の5%を原作者に送金します』という様なプログラムを書けてしまう訳です。

そうすると私は転売される度にお財布から音が鳴り響く。

なんと素敵な特徴だと思いませんか?

その中では度々、著作権問題で双方が揉めているというニュースを耳にします。

しかしNFT化したデシタル資産は最初からプログラムが組めてしまうのでそういった配分で揉める事も少なくなる素晴らしい時代になるのでは無いでしょうか?

現にデジタルデータに印税の様な仕組みや、版権等の仕組みをプログラムする事も出来る様になりデジタルコンテンツの新たな収益形態として注目されています。

また今まで日の目を浴びる事のなかった全てのクリエイターにとってNFTでのデジタル資産化は本当に朗報だと言えると思います。

NFTはその先へ 止まらない進撃 ゲームにトレカ、果ては仮想空間の不動産

一体何を言っているのか頭が混乱してきます。

NFTのデジタル資産化はとどまる所を知りません。

アート作品がNFT化され取引されているのは有名な話ですが、ゲームやトレーディングカード、まさかのファッションまでもNFT化。

ファッションをデジタルで頂いた所でと疑問は残りますが、購入者にはリアル世界での特典も多く付いてきたのだとか。

NFTのその進撃はとどまる所を知りません。

私が驚き、最も注目している今後この様なサービス、世界がスタンダードになるので無いかと感じるものを一つ解説したいと思います。

時代は "メタバース" 仮想空間に家を買う時代

メタバースという言葉を聞いた事はありますか?

最近ではFacebookが仮想空間に力を入れるべく社名を "Meta"に変更した事でその名前も一躍、有名になったのではないでしょうか?

メタバースとはSF作家のニール・スチーヴンスンが彼の作品で仮想空間に付けた名前がリアルに私達の住む世界の仮想空間の名前になっています。

デジタルアートとして販売された家が約6,000千万円で購入され、その仮想空間でアップロードして住めるほか、本当にその設計通りに立てる事も出来るそう。

ひと昔前に "セカンドライフ"と言う名の仮想空間が話題になり少し流行ったりしましたが、それ同様に会社を作ったり、家を購入し友達と住んだりと現実世界さながらに生活ができる空間になっている様です。

今後のNFTの市場は我々の別の仮想空間での生活もスタートし、その次元で権利を取り合うビジネスの世界線が広がるのかもしれません。

仮想空間でNFT化された権利の取り合いで戦争か起こる時代になるのかもしれません。

それでリアルな世界の平和は今しばし保たれるのであれば嬉しいですね。

【まとめ】NFTの市場は青天井 今後は?

2021年、NFTの市場急速な発展を見せ、一部では爆発的なビジネス力を見せつけてくれました。

今現在も連日何かしらのニュースで取り上げられ耳にしない日は無い位にホットな話題であります。

NFTの特徴を今一度おさらいしておきましょう。

世界で一つの代わりの効かないものとして希少性がある。

売ったり買ったり取引が可能で収益性が大きい

印税や著作権に似たプログラムも組む事ができクリエイターにとってとても稼ぎやすい時代になる。

番外重要:今まで価値が見出されなかったものを見いだす事さえできれば誰でも稼ぐ事のできる時代になってきた。

以上の大きな利点 4PIONT が挙げられます。

しかし、課題も多く残っていて法律的な規制等が追いついていないのが問題となっています。

NFTは発展途上の道半ばではありますが個人の私達も一瞬も目が離せないビジネスチャンスである事は確かと言えると思います。

今後も引き続き "NFT" に関しては取材を重ねて追記していきたいと思います。

TATSUSHI NAIKI

-ブログの"技"